電話で占うって言っても本当に占っている?

顔の見えない電話占いサイトって本当に占っているの?みんなの疑問 - 電話占いの占い師のお仕事とは

電話占いの占い師のお仕事とは

電話占いを何度も利用していると、占い師に憧れのような気持ちがめばえ自分でもなれるのではないか、なってみたいと思うことがあります。だれでもできる職業なのか、お給料はどれくらいなのか、お仕事事情をご紹介します。

どんな人でも占い師になれるのか

どんな人でなることはできますが、すぐに占い師にはなれません。、有名な師について勉強することが必要です。
扱うジャンルによってはち、なることがむずかしいこともあります。霊視や霊感を使ったものは、特殊なパワーのため、生まれ持った才能も必要となりますから、このジャンルの占い師になることはかなりむずかしいといえます。

多くのファンを持ち、当たると評判の占い師になることが重要です。当たらないと信頼も評判もおちますから、仕事ができません。
仕事を多くとるには、自身の存在を多くの人にしってもらうことが大切です。そのために数多くの鑑定経験をつみスキルアップの必要があります。

占い師のお給料とは

力量によってことなるうえに、完全出来高制です。
会社に所属し対面の場合は、占い料金の4?5割程度が収入です。
電話占いの場合は、さまざまな経費が多くかかるため、2.5割?3割程度で取り分は低めです。

有給制度や社会保険などの適用はなく、個人事業主として活動する人が多いです。

人気が出ると多く稼ぐことができますが、一般的な年収は200万円前後です。

たくさん稼ぎたい場合は、対面式と電話占いと平行してお仕事したり、平日は会社員、休日のみ鑑定をするなど二足のわらじの人もいます。

電話占いを利用する側ではなく、鑑定する側にいきたい人も多く存在する魅力あるお仕事ではありますが、収入面は決して高いものでありません。
経験を積み、スキルアップすることで人気がでて、ファンがつくことで収入にもつながりますから努力が必要となるお仕事です。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »